Webマーケターとは?

Webマーケティングは稼げない?原因と稼ぐためのロードマップ

Webマーケティングは稼げない?原因と稼ぐためのロードマップ

・Webマーケティングって稼げるの?稼げないの?
・稼げる人・稼げない人の特徴を教えてほしい
・まったくの未経験から稼ぐためのロードマップを教えてほしい

EC企業でWebマーケターをやっているイチです。

「Webマーケティングを習得したら本当に儲かるの?」と思ってませんか?

結論からお伝えすると、かなり稼げます。トップクラスで実力がある人だと、月1,000万円以上の利益を個人(たった1人)で出していたりします。

サラリーマンとしてそこまで稼ぐことは不可能なのですが、副業や独立することで、青天井で稼げるようになります。

WebマーケティングはPC一台あれば稼ぐことができるので、副業や独立と非常に相性がいいです。
イチ

ただし、Webマーケターなら誰でも儲かるというわけではありません。稼げる可能性があるだけで、実現できるかどうかはその人次第です。

今回の記事では、「Webマーケティングの副業とは?」「稼げる人・稼げない人の特徴」「未経験から稼ぐためのロードマップ」について解説していきます。

この記事を読めば、未経験からWebマーケティングで稼げるようになるまでの道順を、具体的にイメージできるようになるはずです。

分かりやすく解説するので、ぜひ最後まで読んでください。

目次

僕の経歴

  • 大学卒業後に三井住友銀行で6年勤めた後、未経験からECベンチャーのWebマーケターになりました。
  • 現在は事業部のヘッドとして、戦略企画から施策の実行まで担当しています。

そもそもWebマーケティングは稼げないのか? | 結論:儲かる仕事です

そもそもWebマーケティングは稼げないのか? | 結論:儲かる仕事です

改めて結論をお伝えすると、Webマーケティングスキルを習得すれば稼げます。

会社員としての年収はそこまで高くありません。Webマーケターの平均年収はだいたい500万円くらいと言われます。

日本人全体の平均年収は約430万円なので、それよりは少し高いくらいですね。
イチ

「え、しょぼ。。。」と思った方、ちょっと待ってください。

Webマーケターには「副業しやすい」という、強力な武器があります。

例えば、有名ブロガーのクニトミさんという方がいらっしゃいます。クニトミさんは、副業でブログを運営し、月500万円を稼がれてます。

ちなみに最高月収は1,200万円だそうですよ。すごすぎですね。笑

クニトミさんの場合はブログを運営されていたのですが、具体的にどんな副業ができるのか、次項で解説します。
イチ

Webマーケティングで稼ぐための副業は2種類

Webマーケティングで稼ぐための副業は2種類

Webマーケティングで稼ぎたいなら、副業をやりましょう。
具体的には下記2種類の副業があります。

  1. 受託案件で稼ぐ
  2. 自分のメディア・サービスで稼ぐ

以下、それぞれ解説していきます。

未経験の方は少し難しく感じるかもしれませんが、今の時点では「へ~こんなやり方があるんだ」とざっくり理解していただければOKです。

①受託案件で稼ぐとは?

受託案件で稼ぐとは、企業からWebマーケティング案件を受託して副収入を得る、という意味です。

例えば、下記のような案件があります。

  • Webライティング(ブログ記事の作成)
  • ブログメディアのディレクション
  • Web広告運用
  • SNS運用代行
  • Webコンサルティング

どの案件も月数万円~月30万円以上を稼げるポテンシャルがあります。

ここではメジャーな副業である、WebライティングとWeb広告運用について、案件をご紹介しますね。
イチ

Webライティング(ブログ記事の作成)

Webライティングとは、企業が運営しているブログの記事作成を請け負うことです。
具体的には以下のような案件です。

Webライティング(ブログ記事の作成)

出典:クラウドワークス

報酬はだいたい1文字1~3円くらいです。
1記事の文字数が5,000文字くらいなので、1記事書くことで5,000~15,000円くらい稼げます。

クラウドワークスやランサーズで仕事を探すことができるので、初心者でも比較的簡単に仕事を見つけることができます。

Web広告運用

Web広告運用とは、Google広告やFacebook広告の運用を請け負うことです。

どんなスキルがあるか、どこまで業務を請け負うかによって、報酬は変わってきますが、一般的には運用額の20%が報酬です。

例えば、月500万円の広告予算を運用すれば、報酬は月100万円です。

広告運用の実績があまりない中で、ライトな副業から始めたいということであれば、クラウドワークスで時給2,000円くらいの案件に取り組むことも可能です。

Web広告運用

出典:クラウドワークス

②自分のメディア・サービスで稼ぐ

自分のメディア・サービスで稼ぐ

自分のメディア・サービスで稼ぐとは、企業から案件を受けるのではなく、自分でブログメディアなどを立ち上げて、収益化させるということです。

難しく聞こえるかもしれませんが、やることはシンプルです。具体的には下記のようなことをします。

  • ブログで情報発信してアフィリエイトで稼ぐ
  • YouTubeで動画を公開して広告費で稼ぐ
  • 自分で商品・サービスを作って販売する

どの手法でも月数万円から、実力ある人だと月1,000万円以上稼げる可能性があります。

以下、簡単にそれぞれ紹介します。
イチ

ブログで情報発信してアフィリエイトで稼ぐとは?

ブログと聞くと、自分の趣味や日常を記録する日記をイメージされる方もいるかもしれませんが、ここでいうブログは「誰かの悩みを解決するために情報発信するもの」です。

今あなたが読んでいるこの記事もブログですよ。
イチ

ブログは基本的にGoogleで上位表示されることを目標にしており、Google経由で読者を集める仕組みになっています。

そして、読者が集まるようになったら、アフィリエイトで収益化することができます。

「アフィリエイト」という言葉を初めて聞いた方もいるかもしれませんが、要するに広告です。

ブログ記事の中で商品やサービスを紹介して、紹介料をもらうという仕組みです。
クニトミさんが儲けていた手法がこれですね。

YouTubeで稼ぐとは?

YouTubeに動画を投稿して広告費で稼ぐことです。

ヒカキンさんをイメージされると、Webマーケティングと関係無いような印象を持つかもしれませんが、YouTubeで結果を出すうえでWebマーケティングの知識は大いに役立ちます。

Webマーケティングを勉強すれば、論理的に再現性高く、儲かるチャンネルを作れるようになります。

自分で商品・サービスを作って販売するとは?

Webマーケティングスキルがあると、ネットで集客する方法が分かるので、自分の商品・サービスを売れるようになります。

有料noteを販売したり、自分で商品を作ってECサイトで販売したり、オンラインサロンを作ったり、などなど。

有料noteは手軽に始められるので、取り組まれている方が多いですよ。
自分の知識やノウハウをまとめて販売し、月数百万円儲かっている方もいらっしゃいます。

副業で稼げる人の特徴7つ

副業で稼げる人の特徴7つ

ここでは、僕の経験に基づいて、副業で稼げる人の特徴を7つ紹介したいと思います。

  1. 営業マインドがある
  2. 報・連・相ができる
  3. 顧客の期待を上回る
  4. 根気強く作業を継続できる
  5. 継続的に勉強できる
  6. 顧客の気持ちを考えられる
  7. 稼ぎたい気持ちが強い

ちなみに、これらは僕の経験上そういう傾向があったという話なので、あくまで1つの参考にしていただけたらと思います。

Webマーケティングで活躍している方には、いろんなタイプの人がいるので、全員が全ての特徴を兼ね備えているわけではないですよ。

それでは、一つ一つ解説していきます。

①営業マインドがある(受託で稼ぐ場合)

受託で仕事する場合、営業マインドがある方は仕事を多く獲得しているなという印象です。

営業マインドとは、自分をクライアントに売り込むという意識です。

具体的には、「どういう言い回しをしたら自分の魅力が伝わるか」「どんなメッセージを送ったら相手が安心して発注できるか」などを研究することです。

「Webマーケティングの実績さえあれば大丈夫」と考えている人もいるのですが、この営業マインドもある人の方が、受託で稼ぎやすいと思います。

②報・連・相ができる(受託で稼ぐ場合)

稼げる人は、きちんと報告・連絡・相談ができる人が多いと思います。
例えば、下記のようなシーンですね。

  • どう進めていいか分からないときに相談する
  • 悪いことが起きたときに迅速に連絡する
  • 一週間の動きを報告する

こういった基本的なコミュニケーションができる人は、クライアントから信頼されるので、継続的に案件を取ることができます。

③顧客の期待を上回る(受託で稼ぐ場合)

顧客の期待を上回る(受託で稼ぐ場合)

クライアントの期待を上回る仕事ができる人は、案件を獲得しやすいと思います。

例えば、クライアントは下記のような期待をしています。

  • このくらい提案してほしいな
  • このくらい成果だしてほしいな
  • このくらいのスピードでレスポンスほしいな

これらの期待を上回って行動できる人・成果を出せる人は、クライアントの信頼を獲得できます。

④根気強く作業を継続できる(自分のメディアで稼ぐ場合)

こちらは自分のメディア・サービスで稼ぐ場合の話ですが、根気強く作業を継続できる方は、稼げる可能性が高いと思います。

自分でメディア・サービスを立ち上げる場合、基本的には収益化まで時間がかかります。

利益が出るまで1年以上かかることもよくあります。

なので、収益化しなくても簡単にあきらめずに、コツコツと作業を継続できる方は、稼げる可能性が高いです。

⑤継続的に勉強できる(共通)

継続的に勉強できる(共通)

継続的に勉強できる方は、稼げる可能性が高いと思います。

Webマーケティングは奥が深い上に、常に新しい考え方や手法が誕生しています。

例えば、新しいGoogleの広告商品がリリースされたり、検索エンジンのアルゴリズムがアップデートされたりしています。

そういった情報を常にキャッチアップして、マニアックなくらいに勉強できる方は、実績を出せる可能性が高いです。

⑥顧客の気持ちを考えられる(共通)

顧客の気持ちを考えられる方は、Webマーケティングで稼ぎやすいと思います。

理由は、顧客の気持ちが分かれば、顧客の心に刺さる施策を打つことができるからです。

例えば、「この広告からWebサイトに来た人はこんな心理状態のはずだから、こういう文言を最初に書こう」などと考えられれば、顧客満足度の高いWebサイトを作れます。

Webマーケティングで成果を出している人は、常に顧客目線を大事にしている印象です。

⑦稼ぎたい気持ちが強い(共通)

最後は完全に精神面の話になってしまうのですが、「絶対に稼ぎたい!」という強い気持ちを持っている人は、稼げる可能性が高いです。笑

貪欲といいましょうか。稼ぎたい気持ちが強い人は、行動量が多かったり、簡単にはあきらめなかったりするので、最終的には稼いでいることが多い気がします。

以前、伸びている会社の経営者にあったときに、「稼ぎたい欲がすごいな。。。」と感じました。

稼ぎたいのであれば、野心家になりましょう。笑
イチ

副業で稼げない人の特徴2つ | 稼げない原因はこれ

副業で稼げない人の特徴2つ | 稼げない原因はこれ

続いて、副業で稼げない人の特徴を2つご紹介します。

副業で稼げない人の特徴2つ

  1. 実績がない
  2. 期日を守れない
以下、それぞれ解説します。
イチ

①実績がない(受託で稼ぐ場合)

受託で稼ぐ場合ですが、Webマーケティングの実績が乏しいと、なかなか稼ぐことはできません。

理由は、企業から信頼されず、案件を獲得するのが難しいからです。

後ほど詳しく解説しますが、これを解消するためのおすすめの方法は、Webマーケターに転職してしまうことです。

本業で実績を作ることで、副業案件を獲得しやすくなります。

②期日を守れない(受託で稼ぐ場合)

期日を守るのは当たり前、と思うかもしれませんが、意外と守れないフリーランス・副業の方は多いです。

期日を守れないと、取引先からの信用を失うことになるので、気を付けましょう。

こういった細かい信頼を一つ一つ積み上げることで、継続的な案件受注につながりますよ。
イチ

Webマーケティングで稼ぐためのロードマップ

Webマーケティングで稼ぐためのロードマップ

Webマーケティング未経験者の状態から、副業で稼げるようになるまでのロードマップをご紹介します。

Webマーケティングスキルを身に付ける

Webマーケターに転職する

本業をやりつつ、同じ業務で副業を始める

稼げる

ポイントは、「本業と副業で同じことをする」です。
本業と副業で同じ業務に取り組むことで、倍速でスキルを習得し、成果を出すことができます。

ちなみに、副業ブログで月収1,200万円稼がれたクニトミさんも、本業と副業の両方でブログメディアの運営をされていました。
イチ

なので、Webマーケティング未経験の方は、まずはWebマーケターに転職すること目標にするといいですよ。

Webマーケティングスキルを身に付ける方法

Webマーケティングスキルを身に付ける方法

Webマーケティングスキルを身に付けるためには、2つの方法があります。

Webマーケティングスキルを習得する方法

  • 独学で習得する
  • Webマーケティングスクールを受講する

Webマーケティングスクールとは?

Webマーケティングスクールとは、Web広告運用や、SEO対策など、Webマーケティングに関する実践的な知識・ノウハウを教えている学校です。

オンラインで講義を行なっているところも多いので、仕事終わりや、土日を使って受講できます。

結論を先にお伝えすると、短期間で確実にスキルを身に付けたいのであれば、スクールを利用するがおすすめです。

以下、それぞれ解説します。
イチ

独学で習得する

Webマーケティングスキルは独学で習得することができます。
具体的には下記のような方法です。

  • ブログを始める → SEO対策を習得
  • YouTubeを始める → 動画マーケティングを習得
  • SNSを始める → SNSマーケティングを習得

独学のメリットは、「お金がかからないこと」、「自分のペースで進められること」です。

一方、デメリットは、「結果を出すのがかなり難しいこと」です。

Webマーケターへの転職や副業をしたいのであれば、月1万円以上の売上をつくるなど、ある程度結果を出さなければなりません。

しかし、その結果を出すのは簡単ではないです。
例えば、ブログで月1万円以上稼げているのは、全体の13.3%というデータもあります。

未経験からでも「確実にWebマーケターに転職したい」「スキルを習得したい」ということであれば、次項で紹介するWebマーケティングスクールを受講するのがおすすめです。

Webマーケティングスクールを受講する

Webマーケティングスクールを受講する

Webマーケティングスクールでは、現役のWebマーケターが、実際に仕事で役立つ知識やノウハウを教えてくれます。

独学と比較したときに、Webマーケティングスクールのメリット・デメリットは下記の通りです。

Webマーケティングスクールのメリット・デメリット

メリット

・短期間(2~3ヶ月)で確実にスキルを習得できる


・現役のWebマーケターから、業務に直結するスキル
 を教えてもらえる


・転職支援を受けられる


デメリット

・お金がかかる(20万円~60万円)


次項で詳しく解説しますが、実は多くのWebマーケティングスクールで、転職支援も受けられます。

お金はかかってしまいますが、Webマーケターとして稼げるようになれば、回収できるような金額かと思います。

短期間でスキルを身に付けたい方は、ぜひスクールの受講を検討してください。

おすすめのWebマーケティングスクールはこちらの記事で紹介しています。
» Webマーケティングスクール5社比較 | 2021おすすめ

未経験からWebマーケターに転職する方法

未経験からWebマーケターに転職する方法

未経験からWebマーケターに転職する方法としてメジャーなものは、次の2つです。

  • Webマーケティングスクールの転職支援を活用する
  • 転職サイト・転職エージェントを活用する
以下、それぞれ解説します。
イチ

Webマーケティングスクールの転職支援を活用する

「スキルを習得するためには、スクールを活用するのがおすすめだ」と先述しましたが、実は多くのスクールで転職支援も行っています。

例えば、最も実績があるマケキャンでは、転職成功率が98%です。
イチ

専属のキャリアアドバイザーから、自己分析・書類添削・面談対策・求人紹介など、全面的にサポートしてもらえるので、転職が初めての人でも安心して転職活動を進められます。

未経験からWebマーケターに転職したいな、という方は、ぜひスクールの受講を検討してください。

こちらの記事でおすすめのWebマーケティングスクールを紹介しているので、よかったらどうぞ。
» Webマーケティングスクール5社比較 | 2021おすすめ

転職サイト・転職エージェントを活用する

転職サイト・転職エージェントの活用もぜひ検討してください。

各人材会社で保有している求人情報が違ったりするので、少なくとも3つくらいの転職サイト・エージェントを活用するのが王道です。

スクールを受講する方は、転職エージェントも併用することで、より転職の成功確率を上げられるはずですよ。

おすすめの転職サイト・エージェントが知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。
» 【プロが厳選】Webマーケティングでおすすめの転職エージェント・サイト5選

未経験からWebマーケターになる方法について、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでください。
» Webマーケターになるには?経験者が5つの方法を難易度別に解説

Webマーケティングで今後も稼ぎ続けられる理由

Webマーケティングで今後も稼ぎ続けられる理由

Webマーケターになれば、高い確率で今後も稼ぎ続けられると思います。
その理由は下記3つです。

  1. 業界が伸びているから
  2. 本業と副業の掛け合わせで高速成長できるから
  3. 転職先が多いから
以下、それぞれ解説します。
イチ

①業界が伸びているから

Webマーケティング業界はこれまで伸び続けており、これからも成長することが予想されています。

もっとも分かりやすいのが、インターネット広告市場でしょう。
こちら↓は、日本の広告費推移を示したものです。

業界が伸びているから

出典:電通

赤線のインターネット広告費を見て頂くと分かるかと思いますが、2014年から2019年の5年間で約2倍の成長をしています。

しかも2019年にはテレビ広告費を抜いて、主要マスメディアの中で最も広告費が使われるメディアになりました。

なぜインターネット広告費が増えているかといえば、ネットで商品・サービスを販売する企業が増えているからですね。

コロナの影響もあって、今後はますますネットで買い物する人が増えていくはずです。
そして、Webマーケターの需要も拡大し続けるでしょう。

Webマーケティング業界の将来性について詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。
» 【今の5倍需要が拡大します】Webマーケティングの将来性を現役マーケターが解説

②本業と副業の掛け合わせで高速成長できるから

Webマーケティングで稼ぐためのロードマップでも説明しましたが、Webマーケターは本業と副業で同じ業務に取り組むことで、倍速で成長していけます。

僕もこのブログを個人で運営しつつ、勤め先でもブログを運営していますが、本当に急成長できているなと実感します。
イチ

それぞれで分かったノウハウを相互に活用できるので、どちらでも良い結果が出ています。

Webマーケターとして本業と副業に真剣に取り組めば、スキルは高速で伸び続けるので、継続的に稼ぐことが可能だと思います。

③転職先が多いから

Webマーケターが転職できる業界は、ほぼ全ての業界です。

自動車、保険、コンサル、飲食など、あらゆる業界がWebでの集客に力を入れているので、あらゆる業界でWebマーケターが必要とされています。

なので、一度Webマーケティングで実績を出すと、転職先に困らないどころか、引く手あまたの状況になるはずです。

これも「Webマーケターは今後も稼ぎ続けられる」と僕が考える理由の1つです。

まとめ:Webマーケティングを習得すれば稼げます

まとめ:Webマーケティングを習得すれば稼げます

いかがでしたか?
改めてお伝えすると、Webマーケティングスキルを身に付ければ、大きく稼げる可能性があります。

実力がある人は、個人で月1,000万円以上も稼いでいます。

本業と副業を掛け合わせることで、倍速でスキルを伸ばすことができるので、未経験者にも夢がある職業ですよ。
イチ

Webマーケターってどんな仕事?理解を深める記事5選

今回は以上です。

-Webマーケターとは?